憲剛、悲願のタイトルへ変化を強調「柔軟性と臨機応変が重要」


 川崎FのMF中村が悲願のタイトルを目指す今季のテーマとして「臨機応変」「柔軟性」を挙げた。

 チームはコーチから昇格した鬼木新監督の下、昨季までの圧倒的な攻撃力を支えるポゼッションサッカーに加え、守備面での充実を図っている。中村も「理想は90分間、相手を圧倒できれば良い」としながらも、ACL出場による過密日程などで「1―0で終わらせるしたたかさも必要」と強調。「柔軟性、臨機応変が今年のフロンターレは重要になる」と話した。悲願のタイトルへ時間帯やスコアに応じて戦い方を変える新スタイルを構築する。