日本ハム・大谷苦笑い…ダルビッシュから「右足浮かして投げたら?」


 練習中に談笑する日本ハム・大谷(右)とレンジャーズ・ダルビッシュ有投手
 「日本ハム春季キャンプ」(9日、ピオリア)

 右足首痛で別メニュー調整中の日本ハム・大谷翔平投手(22)が、今キャンプ初めて屋内練習場で2度の打撃練習を行った。

 この日はトス打撃と約10メートルの距離から打撃投手の球を打ち込んだ。「いい感じできている」と手応えを感じ取った大谷。栗山監督は「スパイクを履いて全力で走れないと前に進まない」と言いつつも、全体練習合流時期について「20日がひとつの目安かなあ」と、名護キャンプ最終クールでの合流を最短に描いた。

 練習中には表敬訪問したレンジャーズ・ダルビッシュと談笑。右足首痛が完治していない二刀流は、右足を浮かして投げるよう冗談ながら勧められ、苦笑いしていた。