激混み埼京線「弁当箱が割れる」「窓も割れる」 痴漢冤罪を懸念する男性は「痴漢保険」も検討


埼玉と都心を結び、通勤に利用している人も多いJR埼京線だが、2月6日放送のバラエティ番組「月曜から夜ふかし」(日本テレビ系)でその過酷な実態が取り上げられ、ユーザーの間で話題となっている。

埼京線はその利便性の高さから近年注目を集めており、2016年の住みたい街ランキングにも4位に赤羽、19位に大宮がランクインしている。しかし、番組内では埼京線ユーザーのリアルな不満が露呈されていた。

「女の子の目の前に立って『今日もいいね!』って言うヤバい人がいる」

利用者は「通勤快速がすごく速い」「埼玉から池袋・新宿・渋谷などの都内にすぐ出られる」といった点にやはり魅力を感じている。

街の人からも「武蔵浦和は浦和のなかで一番都会」「戸田公園は戸田と板橋の花火大会が見えるのでいい」「京浜東北線はダサい。パリピが乗っていない」などと、自分たちの駅や路線に愛着を持っている様子が垣間見られた。

一方でやはり「電車の混み方がすごい」という意見が、非常に多く寄せられていた。

「痩せるんじゃないかってくらい潰される」
「足が浮く」
「お弁当箱が割れる」
「窓ガラスも割れたことがある」

いずれも戦場のような満員電車は日常であると分かる話ぶりだ。

また女性には切実な問題もあるようだ。「女の子の目の前に立って『いいね!』『今日もいいね!』って言うヤバい人がいる」といった変な人だけでなく、「痴漢も多い」のだという。

そのためか、男性たちも「痴漢に間違われないように毎朝両手を挙げている」など対策に余念がない。中には、こんな対策を検討している人もいる。

「痴漢保険に入ろうかと思う」

月額590円で痴漢被害対策? 加害者だけでなく被害者も補償対象に

この埼京線特集はツイッター上でも話題になり、「何もかも共感!! ほんとにお弁当箱割るレベルに混む!」「埼京線なんかいいとこ無いよ!?死ぬよあれ!!!!高崎線より混むよ!?」といった声が寄せられた。

中には「痴漢保険」に注目する人も。

「痴漢保険って何補償してくれるの?!」
「痴漢保険ってのがあるんだ。加瀬亮みたいな目に遭わないための。良い制度かも。」
※加瀬亮さんは2007年公開の映画『それでもボクはやってない』で主演を務めた。

実際に、ジャパン少額短期保険が「痴漢冤罪ヘルプコール付き弁護士費用保険」というものを取り扱っている。月額590円で手軽にはじめられる保険で、被害者になっても加害者になっても補償対象になる。

特典としては、痴漢に間違われたときに弁護士にヘルプコールができる「痴漢冤罪ヘルプコール」や、また痴漢被害にあったときの「痴漢被害ヘルプコール」などがある。

番組では、コーナーの最後で、MCの村上信五さんが「痴漢保険があるということが勉強になった」と真顔で述べていた。

痴漢冤罪に巻き込まれると、こちらに非がなくても社会的信用を損なう危険性がある。この保険も痴漢被害に関する自衛方法のひとつなのかもしれない。

あわせて読みたい:満員電車にリュック背負ったまま乗らないで!