中絶胎児を遺棄容疑で逮捕、宮崎 19歳の無職少女


 医療機関で中絶した胎児を持ち帰り、親族が勤務する飲食店に遺棄したとして、宮崎北署は29日、死体遺棄の疑いで、住所不定、無職の少女(19)を逮捕した。

 逮捕容疑は、昨年12月20日に宮崎市の産婦人科で中絶した胎児を、保冷バッグに入れて同市の飲食店の冷蔵庫内に置き去り、遺棄した疑い。

 宮崎北署によると、少女は中絶時点で妊娠4カ月だった。胎児の性別は男。今月25日になって親族から通報があり、28日に少女を任意で事情聴取した際、遺棄を自供したという。

 同署は、遺棄に至る経緯や親族が気付いた状況を詳しく調べている。

◆好評の西日本新聞アプリ。30日分の全紙面と速報ニュース。初月無料でお試し!
◆ホークスFANタブレットが登場。もれなくマッチとワッチに会える特典付き!