核酸で悪性脳腫瘍を治療 名古屋市立大が開発


 脳腫瘍の中でも悪性度が高い膠芽腫の新しい治療法を名古屋市立大などの研究チームが開発、24日までに英科学誌電子版に発表した。がんのもとになる「がん幹細胞」を減らす核酸を膠芽腫のマウスに注射したところ、腫瘍が劇的に小さくなり、健康なマウスとほとんど変わらない状態になった。

 名古屋市立大の近藤豊教授(分子腫瘍学)は「今回開発した治療薬の安全性を確かめ、人間での実用化を目指したい」と話した。

 膠芽腫は進行が早く、手術で腫瘍を取り切るのが難しい。有効な治療薬もなく、近藤教授によると年間3千~5千人が発症し、発見後の余命は平均1年2カ月ほどという。

◆好評の西日本新聞アプリ。30日分の全紙面と速報ニュース。初月無料でお試し!
◆ホークスFANタブレットが登場。もれなくマッチとワッチに会える特典付き!