大西宇宙飛行士、文科相に報告 「もう一度宇宙で仕事を」


 国際宇宙ステーションに約4カ月滞在した宇宙飛行士の大西卓哉さん(41)が26日、文部科学省に松野博一文科相を表敬訪問した。活動の報告が目的で、大西さんは「ステーションは快適だった。ぜひもう一度宇宙で仕事がしたい」と話した。

 大西さんは7月にステーションに到着し、老化現象の解明に向けてマウスの飼育実験に取り組んだ。大西さんは「長く宇宙に滞在すると加速度的に老化現象が起こるので、研究にはうってつけの環境だ。今後、この分野の研究は盛んになると思う」と振り返った。

 大西さんは10月に地球に帰還した後、バランス感覚や筋力を回復するためのリハビリに励んだ。

◆好評の西日本新聞アプリ。30日分の全紙面と速報ニュース。初月無料でお試し!
◆ホークスFANタブレットが登場。もれなくマッチとワッチに会える特典付き!