「獺祭」はこう飲む! プロが教える魅力、そして人気の秘密とは


いまや全国区の絶大な人気を誇る日本酒「獺祭」。お店に行ったら、必ず注文するというファンの方も多いと思いますが、プロから見たその魅力、そして楽しみ方とはどのようなものでしょうか。

 全国的な人気を誇る、旭酒造(山口県岩国市)を蔵元とする日本酒「獺祭」。読者の中にも、獺祭ファンの方が数多くいらっしゃることと思いますが、専門家から見たその魅力とは何でしょうか。

 オトナンサー編集部では、和文化研究家で日本礼法教授の齊木由香さんに話を聞きました。

「米の磨きは日本最高峰」

 齊木さんによると、獺祭の魅力を表現した言葉として「磨きの美学」があります。米を磨き、米の芯の味を捉えようとする造り手の思いと、獺祭のおいしさの根源をうまく表した言葉です。獺祭は、米と水と米麹のみで造り、米を50%以上削った純米大吟醸。「磨き二割三分」と「磨き三割九分」が代表的な製品ですが、それぞれ、米を77%と61%削って造ります。「磨き二割三分は米の磨きでは日本最高峰です」。

 その特徴としては華やかで上品な香り、口に含んだときの甘味、飲み込んだ後の余韻の長さ、などが挙げられるそう。「これらが、獺祭のおいしさを作り上げているのです」。飲んでいるうちにお酒の温度が上がって、香りと旨さのバランスが変わってくることも、特徴の一つです。

 旭酒造は「酔うため、売るための酒ではなく、味わうための酒をもとめて」という信念のもと、革新的な取り組みを続けています。磨き二割三分の精米には当初、「7日間×24時間、都合168時間」かけたとのこと。また、純米大吟醸もろみの持つ「香り」「ふくらみ」を表現するために、業界初の遠心分離システムを導入しています。こうした取り組みが獺祭のおいしさを支えているそうです。

 齊木さんは「米を磨くことで洗練さを上げ、それでいて個性を失わない。信念を持って、酒造りの革新に取り組む造り手。これこそ、獺祭の人気の秘密ではないでしょうか」と話します。

フレンチやイタリアンにもマッチする

 それでは、獺祭に合う料理にはどのようなものがあるでしょうか。

 獺祭は、いろいろな料理に合わせやすいお酒。和食をはじめ、フランス料理やイタリア料理にも合うバランスの良さがあります。磨き二割三分は、華やかで上品な香りがあり、和食であればヒラメやフグなどの淡白な魚料理によく合うとのこと。「だしの味や、みそ仕立ての料理との相性も抜群です」。

 齊木さんも先日、和食料理店で、白みそのお雑煮に合わせて獺祭を楽しんだそうです。白みそのほのかな甘さと、獺祭の長く続く余韻が見事にマッチして「抜群のおいしさでした」。カツやフライなど油で揚げた料理であれば、磨き二割三分よりしっかりした味わいのお酒の方がよいかもしれません。

「フレンチやイタリアンであれば、野菜や魚介類のオードブルや軽めのソースの魚料理によく合うと思います」。フランス料理店で「まるごと火入れしたカブのグリル」に合わせて、獺祭を楽しんだことがあるという齊木さん。カブの旨みと獺祭の切れとの相性が絶妙だったそうです。一方、ジビエ料理や内臓料理は「避けた方が無難でしょう」。

 旭酒造は獺祭の香りを楽しむためにワイングラスで飲むことを提案しており、齊木さんは「白ワイン感覚で、獺祭と料理のマリアージュを楽しんでみてはいかがでしょうか」と話します。

獺祭がない場合のオーダー

 ちなみに、獺祭に似たお酒としてはどのようなものがあるのでしょうか。

 獺祭の味わいの特徴は華やかで上品な香りと、口に含んだときの甘み、飲み込んだ後の余韻の長さ。「こちらに近い味わいとなると、おのずと純米大吟醸のお酒が候補になります」。

 ただ、それぞれの日本酒には造り手の思いのこもった“個性”があり、同じ味はなく、日本酒の味の感じ方も人それぞれ。そこで齊木さんは「近い味わいの日本酒」ではなく、「獺祭がない場合にオーダーしてみたい日本酒」を紹介してくれました。

・「醸し人九平次」(萬乗醸造、愛知)

・「十四代」(高木酒造、山形)

・「黒龍」(黒龍酒造、福井)

・「而今」(木屋正酒造、三重)

 獺祭以外にも、洋風化した日本人の食生活や海外市場を見据えた商品開発、ブランディングをされた日本酒が次々と登場していることから、齊木さんは「日本酒の楽しみ方も、伝統的な飲み方からワイン感覚まで幅広くなっています。お気に入りのお酒の新たな飲み方を発見して楽しんでください」と話しています。

(オトナンサー編集部)