オランダでは年間5000人以上、米豪ら世界の「安楽死」事情


どのようにして安楽死を迎えているのか

 世界では、どれだけの人がどのようにして安楽死を迎えているのか。世界の安楽死事情を取材するジャーナリストの宮下洋一氏がレポートする。

 * * *
 安楽死は、「積極的安楽死」と「消極的安楽死」のふたつに分類される。前者は「医師が薬物を投与し、患者を死に至らす行為」。後者は「医師が治療を開始しない、または治療を終了させ、最終的に死に至らす行為」と定義される。

 オランダ、ベルギー、ルクセンブルク、コロンビア、オーストラリア(ノーザンテリトリーの州都ダーウィン)では、そのいずれの行為も合法である。昨年6月には、カナダでも認められた。

 安楽死というと、一般的にイメージされるのは「積極的安楽死」で、オランダやベルギーが主流だ。主治医が患者の自宅を訪れ、家族や友人の前で、患者に致死薬を投与して死に導く。この方法で死を選ぶ患者は、家族に別れを告げ、自宅で死を迎えることが特徴だ。

 一方、「安楽死」とは別に「自殺幇助(ほうじょ)」という方法による死に方もある。こちらも、安楽死同様、「積極的自殺幇助」と「消極的自殺幇助」のふたつに分けて考えられる。

 前者は、「医師が薬物を投与するのではなく、患者自身が投与して自殺する行為」。後者は「回復の見込みのない患者に対し、延命措置を打ち切ること」で、一般的に日本語で表現される「尊厳死」がこれに当たる。

 自殺幇助を行なう代表国はスイスだ。同様の行為が許可されているのが、米国のオレゴン、ワシントン、バーモント、モンタナ、カリフォルニア、コロラドの6州である。

 最近では「自殺幇助」という用語に嫌悪感を示す人々が多く、「医師幇助による自死」という表現に変わりつつある。ただしこの用語についても、死に対する恐怖を取り除く効果があることから、「むしろ死を煽っている」と批判する専門家もいる。

 スイスでは、患者が毒薬をコップに入れて飲み干すこともあるが、多くは医師が準備した薬物入りの点滴を患者自身が開け、体内に流し込む方法が主流。患者は、痛みを伴うことなく、20秒ほどで死に至る。

◆医師任せか、自己責任か

 安楽死と自殺幇助がいずれも合法のオランダでは、患者がどちらを選ぶかは、その人の“死の哲学”による。「死を医師任せにしたい」のか、「死を自己責任にしたい」のか、という選択だ。

 一方、スイスや米国では、死の寸前まで手助けされるが、「実際に死ぬのは患者本人」という考え方がある。背景には「なぜ医師があえて薬物投与をして死に至らせなくてはならないのか」という悩みもある。

 スイスの自殺幇助団体「ライフサークル」代表のエリカ・プライシック女医は、「最終的に死を決めるのは医師ではなく、患者本人。医師が致死薬を打つことは、スイスでは殺人になる」と話す。

 安楽死や自殺幇助が認められるためには、【1】耐え難い苦痛を伴っていること、【2】回復の見込みがないこと、【3】本人の明確な意思があること、の3つが最低限必要となる。

 2015年に安楽死か自殺幇助のいずれかで死亡した人々の数は、オランダでは5516人、ベルギーでは2022人、スイスでは782人、オレゴン州では132人だ。

 どの国、地域においても、安楽死や自殺幇助が合法になると、こうした手段で死を選ぶ患者が増えているのだ。

※週刊ポスト2017年2月17日号