『嵐にしやがれ』で紹介された京都の和菓子がバカ売れで警察が出動する事態に


 中居正広が食べたハンバーグにファンが殺到……。KAT-TUNの中丸雄一が番組で紹介したアイスがコンビニから姿を消す……などなど、ジャニーズの面々がプライベートで食べたり、テレビで紹介した商品は即行列、即完売する今日このごろ。なかでも高い“営業力”を誇るのが嵐だ。

「放送以降は、開店後すぐに完売してしまいます。テレビに出していないほかの商品も売れて、2時間もたたずに店じまいしている状態ですね」

 そう話すのは、京都市北区にある和菓子店『朧八瑞雲堂』店主の川村行人さん。

 1月28日放送の『嵐にしやがれ』(日本テレビ系)には、佐々木蔵之介がゲスト出演。彼が京都府出身ということで、この日は最新の“京スイーツ”を紹介した。なかでも特に反響を得ているのが、前出の和菓子店。

 5人の影響は京らしく“はんなり”とはいかなかったようで、現在、ファンたちが嵐のように押し寄せ大行列中だという。お目当ては『生銅鑼焼』という商品。

「『生銅鑼焼』はこちら独自のどら焼きで、普通のどら焼きの中のあんこの上に、厚さ5センチほどの超大盛り生クリームが盛られています。これだけの量の生クリームだと重く感じてしまいますが、こちらは和菓子らしく低脂肪なので意外にペロリと食べられます」(フードライター)

 種類は生クリームの味ごとに小倉、抹茶、黒ごまの3種類。そのほかに期間限定味が並ぶことも。

「最初は普通のどら焼きを出していたそうなのですが、余った生クリームを大量につけて食べてみたところ美味しくて、今の形になったそうです」(前出・フードライター)

 クイズに正解してこのどら焼きを食べることができたのは松本潤ただ1人。「あぁ~もうねぇ……」と感嘆の声を漏らした後、「売れる理由がわかる」とひと言。しかし、ただでさえ美味しい商品が、嵐が紹介したことで、さらに人気となり……。

「毎朝、開店前に50人くらい並んではりますね。放送前は10人くらいだったので、5倍ほどでしょうか。落ち着くまでは、当面の間、おひとり様1つにさせていただいています。より多くの方に食べていただきたいので」(前出・川村さん)

 この大反響に動いたのは嵐ファンだけでなく、なんと京都府警まで……。

「土日は車で来る方も多くて、その車の列がすごいんです。一緒に買いに来た方のご主人やお子さんが停車した車の中で待っているから駐車違反にもならない。その注意で何度か警察の方が来られましたね……。本当にすごい反響です」(前出・川村さん)

 爆発的な嵐効果。これから買いに行く方は、時間に余裕をもって、はんなりと徒歩などでどうぞ。