高橋一生 ドラマ「カルテット」舞台裏の涙ぐましい努力


「彼の特集記事を組むととにかく反響がデカい。間違いなく、いま最も旬の俳優のひとりです」(芸能関係者)

 ドラマや映画好きの間ではお馴染みの俳優だが、ここのところ、高橋一生(36)の活躍が目覚ましい。NHK大河「おんな城主 直虎」での本格的な出番を控え、ひと足先に1月期クールのドラマ「カルテット」(TBS系、火曜22時)でも主要キャストとして出演している。松たか子(39)、満島ひかり(31)、松田龍平(33)といった主役級の面々と肩を並べ、四角関係のひとコマを担うのだから大出世だ。

 10歳の頃から劇団に所属しており、今年で芸歴27年目。デビュー作の映画「ほしをつぐもの」(1990年)で主演のビートたけし(70)と田中邦衛(84)の演技に触れ、幼心に何か感じるものがあったのだろう。

 昔から妥協を許さない徹底した役作りをする俳優として有名だが、「カルテット」では弦楽器のビオラ奏者という役どころに挑んでいる。毎回演奏シーンが設けられ、見どころのひとつとなっているが、クランクイン直前にはちょっとした“事件”があったようで――。

「複数の雑誌を集めた高橋単独の取材会がセッティングされていたんですが、役者の都合で急きょ中止になったんです。理由は満足のいくビオラの演奏ができず、少しでも練習の時間に充てたいというものでした。普通なら考えられない“ドタキャン”ですが、前クールの『プリンセスメゾン』(NHK)、前々クールの『グ・ラ・メ!~総理の料理番~』(テレビ朝日系)と立て続けに連ドラに出演しており、忙殺されていると聞きます。しかも、『カルテット』は自身の出世作である『Woman』(2013年、日本テレビ系)同様、坂元裕二氏の脚本。“坂元作品ならどんな役でもやる”と公言する高橋としては、万全の態勢で臨みたかったんでしょう」(テレビ誌ライター)

 先日出演したトーク番組では5人兄弟の長男で、父親が3人いたことなど複雑な家庭環境を告白。努力家で童顔で苦労人と三拍子揃った高橋に萌える主婦が増殖中で、「誌面の写真で鼻先にある傷痕が修整されているとSNS上で炎上騒ぎになる」(前出のテレビ誌ライター)ぐらいのフィーバーぶりだという。

 星野源(36)の強力なライバルになりそうだ。