ビートたけし 「ニッポンは『世界のテレ東』みたいなもの」


ビートたけしが日本人の当事者意識のなさを憂う

 国際情勢は風雲急を告げている。米国でのトランプ大統領就任、英国のEU離脱、そして中東やヨーロッパを中心に巻き起こる無差別テロ、国際紛争……。しかし一方で、そういった世界の重大ニュースに対する日本人の関心は決して高くないという現状がある。ビートたけし氏は、著書『テレビじゃ言えない』の中で、こうしたニッポン人特有の性質について分析している。

 * * *
 政治の話をしていて特に思うことだけど、ニッポン人は、どんどん「当事者意識」がなくなってる。相変わらずの投票率の低さってのは、まさにその象徴だろう。

 だけどニッポンは、こんなことでいいんだろうか。世界中で無差別テロは止まないし、シリアやら情勢不安の中東から流入する移民でヨーロッパは揺れている。イギリスではEU離脱を決めた国民投票もあった。すぐ隣の北朝鮮だって、いつ暴発して難民が押し寄せてくるかわからない危険を孕んでいる。

 これまでパレスチナ紛争ではノーベル平和賞受賞者が出たりもしたけど、まったく解決には至っていない。もうこれだけ問題がこじれてしまえば、「平和を」なんて何度叫んだって意味がない。

「第一に○○をする」「第二に××をする」ときちんと解決への筋道を提示して実践できたら、その人にノーベル賞を5個やってもいいと思うぐらいだ。

 それくらい世界中で真剣に考えなきゃいけない問題がたくさん起こってる。それなのに、ニッポンじゃ話題になるのは『ゲスの極み乙女。』やショーンKのスキャンダルばかり。政治の話題だって、小物の政治家のセコい汚職ぐらいが賑わすばかりだ。

 問題の深刻さがまるで違うのに、ニッポンじゃ国内のどうでもいい話題のほうが注目を集めて、国際問題はほとんど見向きもされない。

 もしかしたらニッポンは世界の中で「テレ東」みたいなもんなのかもしれない。

 テレ東は、田中角栄が逮捕されたときだって他局がみんな特番をやっていたのにアニメを放送してたし、東日本大震災3周年の日も、各局が震災特番をやる中で1局だけ映画の再放送をやっていた。ニッポンは世界からそれぐらい特異な存在だと思われているんじゃないかって気がするぜ。

 もちろんテレ東の場合はカネがない中、どうやって先行する他局に対抗するか、どうやって視聴者のニーズをつかむかって考えた上での独自路線なんで、単純に「他の国に興味がない」ってニッポンとは根本的に違うんだけどさ。だからテレ東のみんな、こんなことを言っても悪く思わないでくれよ。

 とにかく、国として、人として、「よその国で人が毎日死んでいることに無関心」ってのはやっぱりまずいんじゃないだろうか。

※ビートたけし/著『テレビじゃ言えない』(小学館新書)より