ヒロミ 妻・伊代の書類送検あらためて謝罪「ダメなものはダメ」


タレントのヒロミ
 タレントのヒロミ(51)が12日放送のフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。妻でタレントの松本伊代(51)が、早見優(50)と京都市内のJR山陰線の線路内に無許可で立ち入ったとして京都府警右京署から鉄道営業法違反の疑いで書類送検されたことを受け、「今回いろいろな方にご迷惑をおかけして本当に申し訳ない」と謝罪した。

 ヒロミは10日に更新した自身のブログで「夫でもあり、所属事務所の代表でもあります、私も責任は痛感しております」とお詫びのコメントをつづっていたが、この日の「ワイドナ…」で、あらためて自らの口で騒動に言及した。

 伊代が14日付の自身のブログで、早見と一緒に線路上にいる写真を投稿。その後、炎上しているとの報告がヒロミの元に入り確認した上で「これはダメですと、すぐにやめなさい」と当該エントリーの削除と、謝罪をするよう指示したという。その後、警察側から事情聴取の要請があったため「こういうものは早い(対応)方がよい」と判断し、伊代を京都へ向かわせた。

 現在の伊代の状況について「僕もきつく言いましたし、大変なことをしてしまったと本人もすごく反省している」と説明。また、伊代の所属事務所の代表という立場でもあることから「責任は最終的には僕にある。結果がどういう形で出るか待っている状態」とした。

 事情聴取に向かう伊代には「どういうつもりで撮ったのか、正直に話しなさい」と伝えたという。線路内に入りブログに上げた行為を、「悪意があったというより、(鉄道営業法違反に)気づいてない状況だったと思う」と釈明しつつも、それでも「このご時世ですし、ダメなものはダメ。ちゃんとお話しして、(処分等)受けるものは受けようと」と発言。終始、神妙な表情を変えることはなかった。

 松本と早見の送検容疑は1月13日午後1時すぎ、京都市右京区嵯峨野々宮町のJR山陰線の線路内に無断で立ち入った疑い。右京署によると、2人は番組(読売テレビ「クチコミ新発見!旅ぷら」)のロケで京都を訪れ、1月下旬に2人から事情を聴いた。線路に立ち入ったことを認めて反省していたという。松本は11日に開催した名古屋市内でのライブで「軽率な行動で皆さまにご迷惑をかけ、心より反省しています」と涙ながらに謝罪していた。