満島ひかりが高校時代に二宮和也と遭遇「東京の人は肌が白いな」


11日放送の「嵐にしやがれ」(日本テレビ系)で、女優の満島ひかりが、嵐・二宮和也との偶然の出会いを告白した。

番組では、満島がゲストで登場し二宮との初出し情報を明かした。2001年、高校1年生だった満島は東京・乃木坂で、既に嵐として活動していた二宮と肩をぶつけたことがあるそうだ。衝突から少し経った後、相手が二宮だと気付いたといい、「東京の人は肌が白いな」と感じたそう。

当の二宮はこのことをまったく覚えておらず、「よく覚えてるね! ぶつかったことなんて!」と声を張り上げていた。

【関連記事】
・女優の満島ひかりが役者を志した際に周囲から言われた衝撃の一言を明かす
・満島真之介が明かした満島家の驚愕ルール 毎朝5時に起きてミーティング
・坂上忍が満島ひかりを絶賛「大好きです。もう、日本一だと思ってます」