清水富美加“お披露目”は夏の教団集会か 舞台は東京ドーム


 芸能界を電撃引退した女優の清水富美加(22)をめぐって、映画界が大混乱している。関ジャニ∞の丸山隆平(33)主演の映画「泥棒役者」(11月公開)に清水が出演予定だったが、降板が決定。すでに1月下旬から撮影が始まっていて、それに清水も参加しているのだが、代役を立てて撮り直すという。撮り直しにかかる費用は数億円ともいわれ、現場は大パニックだ。

 一方で、清水が主演する映画「暗黒女子」(4月1日公開)は予定通り公開。だが、2月21日の完成披露試写会には、清水が欠席するという異例の形となる。また、清水が引退の要因のひとつにあげた「人肉を食べる人種の役柄」を演じる映画「東京喰種」(7月29日公開)も公開に向けて調整中。こちらも、舞台あいさつなどでヒロイン不在となるのは、ほぼ間違いない。

 一体、清水が表舞台に戻ってくるのはいつになるのか。

「幸福の科学は昨年、立宗30年を迎え、今年は“勝負の年”と位置付けています。今年の夏には東京ドームで、数万人規模の大きな集会が行われる。そこで清水さんが“お披露目”されるのでは――との臆測が流れています。教団製作の映画の内容も披露されるかもしれません。もちろん、清水さんがヒロインでしょう」(広告代理店関係者)

 幸福の科学はこれまでアニメと実写を含め10作品を製作。5月には新作の実写映画「君のまなざし」が公開される。実写は16年に続き2年連続。来年か再来年の公開映画に、清水が主演で“映画復帰”する可能性は高そうだ。

■暴露本を緊急出版

 そんな中、17日に清水が「私の持っている真実」を明かす暴露本「全部、言っちゃうね。」を緊急出版することが明らかになり、更なる波紋が広がっている。

「本の執筆は今月11日から医師の立ち会いのもと行い、インタビューを編集したものです。いつ復帰できるかは、まだ全くわかりません。体調の回復にもよりますが、今後、教団製作の映画に出演する可能性はあります」(幸福の科学広報)

 清水富美加改め法名「千眼美子」は今後、どんなことを明かし、どんな演技を披露するのか――。