いいぞ、もっとやれ! 動物園同士が「うちの子かわいいでしょ」と自慢合戦


いいぞ、もっとやれ! 動物園同士が「うちの子かわいいでしょ」と自慢合戦

アメリカの動物園・水族館が『#CuteAnimalTweetOff(かわいい動物をつぶやく)』というハッシュタグをつけて、動物たちを自慢しあっています。

ネット民から「夢中になりすぎて仕事にならない」「癒されるぅ」と話題を呼んでいるブームは一体…?

その挑戦、受けて立つ!

きっかけは、ワシントンD.C.の『スミソニアン国立動物園』が、2017年1月21日に仲間入りしたハイイロアザラシの赤ちゃんをTwitter上で公開したことでした。

このつぶやきを目にしたサラ・ヒルさんが、バージニア水族館に対して「そっちの番よ」とコメントをつけてつぶやいたところ、水族館側は即座に反応。

『#challengeaccepted(その挑戦受けて立つ)』とハッシュタグをつけて、館内で暮らすカワウソとミサゴの写真を公開しました。

これに気づいたスミソニアン国立動物園は、負けじとオランウータンの写真で応戦し、バージニア水族館もウミガメの赤ちゃんの写真で対抗するなど、自慢合戦が勃発!

なんとそこに、他の動物園・水族館も自参戦し始めたことで『#CuteAnimalTweetOff』がブームとなった…というわけです。

自慢合戦には、テキサス州のサンアントニオ動物園や、コロラド州のデンバー動物園、ワシントン州のシアトル水族館など、アメリカ各地の動物園・水族館が参加しています。

早速その一部をご紹介します。

クイーンズ動物園代表・プーズー

アトランタ動物園代表・パンダの赤ちゃん

ロサンゼルス動物園代表・なまけもの

ジョージア水族館代表・アシカ

プロスペクトパーク動物園(ニューヨーク)代表・レッサーパンダ

みんなかわいい、みんな優勝!こんな自慢合戦だったら、いつまでも続いて欲しい!

ぜひ日本国内の動物園・水族館も参加してほしい、このブーム。かわいい動物たちに癒されたい人は、ぜひ『#CuteAnimalTweetOff』で検索してみてください♪

[文/grape編集部]