ノンスタ井上の当て逃げ、稲垣吾郎も道路交通法違反の容疑で逮捕の過去


「Thinkstock」より

 お笑いタレント・井上裕介(NON STYLE)が、12月11日に東京・世田谷区で乗用車を運転中にタクシーと衝突し、現場から逃走していたことが発覚した。タクシー運転手は全治2週間程度のケガを負っているが、井上は警察の調べに対し「事故を起こしたことが世間に知られたら、大変なことになると思った」などと話しているという。

「所属事務所のよしもとクリエイティブ・エージェンシーも13日、井上の芸能活動を当面自粛させる方針を発表しました。今後はまず、被害者への謝罪などを優先するそうです」(マスコミ関係者)

 売れっ子芸人なだけに、よしもとは井上の穴埋めや、年末年始の特番の出演キャンセル、すでに収録を終えた番組の差し替えなど対応に追われているという。

「このようにタレントが起こした交通事故は、被害者だけでなく各方面に余波を広げます。たとえば、2001年にSMAPの稲垣吾郎が逮捕された件は、世間にも大きな衝撃を与えました。稲垣は同年8月、レンタルビデオの返却のために渋谷区・道玄坂の駐車禁止エリアに車を止めていたところ、女性警官から免許証の提示を求められました。しかし、稲垣はこれに応じずに車を急発進させたことで女性警官の膝に接触し、全治5日のケガを負わせたのです」(週刊誌記者)

 稲垣はその後も車に“籠城”していたが、30分ほどしてようやく車外へ。結局、道路交通法違反および公務執行妨害の容疑で現行犯逮捕された。

「当時、SMAPは全国ツアーの真っ最中でしたが、稲垣の逮捕によって、以降の公演は残りのメンバー4人で行うことに。また、稲垣は02年1月まで約5カ月間の活動自粛処分となったため、逮捕された年末の『NHK紅白歌合戦』の出場も辞退することになりました」(同)

 あれから15年経ち、まもなく解散の時を迎えるSMAPだが、国民的アイドルが起こした事件が、井上の事件によって多くの人々の頭の中に呼び起こされた格好になった。

過去にはあのタレントも


 また、過去には井上と同じ芸人の交通事故もあった。